横浜駅で鳩サブレーが買える場所はどこ?

横浜駅 鳩サブレ

皆さんは鳩サブレーというお菓子をご存じでしょうか?
鎌倉の銘菓として全国的に広く知られており、鎌倉旅行に行った方からお土産でいただくことも多いお菓子です。鳩の形をしていて、とてもかわいらしいですよね。

さてそんな鳩サブレーですが、いざ食べたい!となったとき、買える場所はそれほど多くないようです。

今回は横浜駅付近で買える場所はあるのかどうか、調べてみました!


ふるさと納税で鳩サブレーをお取り寄せする方法はこちら!
楽天市場を使ってポイントを大量にゲットするやり方を解説しています。

鳩サブレーってどんなお菓子?

鳩サブレーは、明治30年ごろに豊島屋の初代店主である久保田久次郎さんが、来店した外国人からもらったビスケットが原点だそうです。
食べてみると確かに食感はクッキーやビスケットに似ています。
ふんだんにバターが使われていて、とてもおいしいお菓子です。

特徴的なのはその形で、かわいらしい鳩の形を模しています。
鎌倉といえば鳩サブレーと言えるほど多くの人に愛されるお菓子になっています。

地方では名前は知っているけど食べたことがない、という方も多くいます。
遠方の方へ手土産として持っていくと、とても喜ばれるお土産です。

横浜駅で鳩サブレーを買える場所はある?

横浜駅周辺では2024年5月現在「横浜高島屋」と「そごう横浜店」で購入することができます。

横浜駅で迷わないためのポイント

(横浜駅は何度も来ていて、地理は分かっているよという方は飛ばしてください。)

まずは横浜駅の構造をざくっと把握しておく

旅行や出張で横浜駅に来た方は、横浜駅の大きさに驚くかもしれません。
慣れていないと一体自分がどこにいるのか、迷ってしまいます。
でも東京の新宿駅や渋谷駅に比べればシンプルな構造をしています。
まずは横浜駅の構造を頭に入れておきましょう。

ポイント1 長方形の形で西口、東口をイメージする

頭の中で縦に長い長方形を思い浮かべてください。
それが横浜駅の大雑把な形です。長方形の上は北、下は南です。

長方形の左側が西口です。
西口には横浜高島屋、ジョイナス、ビックカメラなどがあります。
長方形の右側は東口です。
東口にはそごう横浜店、ポルタ地下街などがあります。
駅の案内表示も西口東口といった表示が常にあるので、わかりやすいですね。
このほか北側には「きた西口」「きた東口」、南側には「みなみ西口」「みなみ東口」があります。

ポイント2 西口と東口を結ぶ通路を把握する

・「きた西口」「きた東口」をつなぐ北通路
・「西口」「東口」をつなぐ中央通路
・「みなみ西口」「みなみ東口」をつなぐ南通路
の3本の大きな通路があります。

北通路と南通路はハッキリ言ってめちゃくちゃ遠いです。
間違ってしまうと大変な距離を歩くことになるので、横浜駅に不慣れな方はなるべくメインコンコースである中央通路を使うのがおすすめです。
中央通路を使うためにはJRの場合、中央南改札、中央北改札を出るようにしましょう。
JRの場合、北改札を出れば北通路に、南改札を出れば南通路に出ます。

地下鉄ブルーライン乗車のさいは南通路を使うのが便利です。

横浜高島屋で鳩サブレーを買う

横浜駅から横浜高島屋への行き方

横浜高島屋は横浜駅西口に位置しています。
そのため中央通路を西口の案内表示に従って進んでいきましょう。

中央通路を西口方面に進み、階段を下りて少し進むと左手に横浜高島屋があります。
若干分かりにくいのですが、「バスのりば①②③」という表示のある階段の横の通路を入ります。
そこが横浜高島屋の「FoodiesPort2」エリアとなっています。

横浜高島屋で鳩サブレーを売っている場所

鳩サブレーを販売している豊島屋は、高島屋の地下1階食料品コーナーにあります。
「茅乃舎」があるのが「FoodiesPort2」エリアで、その奥の短いエスカレーターをのぼった「FoodiesPort1」のエリアに豊島屋があります。

和菓子コーナーの一角にあり、柱に大きく豊島屋と書いてあるのでわかりやすいです。
ちょうど「とらや」の隣にあるので、「とらや」を目印にすればすぐに見つかるでしょう。

お土産用として個数の多い商品がメインですが、自分用、ちょっとした家族へのプレゼント用に少量のパッケージも販売しています。
ふと食べたくなったら、気軽に買えるのが嬉しいですね!

横浜高島屋の営業時間

高島屋の営業時間は10時から20時です。

鳩サブレーを販売している「豊島屋横浜高島屋店」も同じく10時から20時までの営業となっています。

そごう横浜店で鳩サブレーを買う

横浜駅からそごう横浜店への行き方

そごう横浜店は横浜駅東口にあります。

先ほどの高島屋とはちょうど反対方向になります。
JR線や京急線からだと、中央通路の東口を出てポルタ地下街をまっすぐ抜けます。
そうするとすぐにそごうの大きな正面入口が見えてきます。

そごう横浜店で鳩サブレーを売っている場所

鳩サブレーを販売している豊島屋そごう横浜店は、そごう横浜店の地下2階、大食品館の中にあります。

JRや京急線を降りて中央通路東口からポルタ地下街を抜けると、そごう横浜店の正面入口に到着します。
そごう横浜店の正面入口は地下2階にあるため、フロアを上下に移動することなく豊島屋にたどりつくことができます。

豊島屋は和菓子を販売している店舗の一角にあり、おなじみの鳩のマークの看板が出ています。
とらやのすぐそばにあるので、とらやを目印にするとわかりやすいですね。

そごう横浜店の営業時間

そごう横浜店の営業時間は10時から20時です。

鳩サブレーを販売している豊島屋そごう横浜店も同じく10時から20時までの営業となっています。

鳩サブレーを買うならネットショッピングが便利

横浜駅は遠くて行けない!行く時間がない!
という方には、ネットショッピングがおすすめです。
アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングで鳩サブレーの取り扱いがあります。

鎌倉銘菓として近年有名になってきた鎌倉紅谷のクルミッ子もネットショッピングで買うことができます。

同じ神奈川では、崎陽軒のシウマイも有名ですね。

まとめ

横浜駅では横浜高島屋、そごう横浜店で鳩サブレーを買うことができます。
またオンラインショッピングでも購入できます。ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました