大阪・京都・奈良で萩の月が買える場所はどこ?

萩の月 萩の月

皆さんは「萩の月」というお菓子をご存じでしょうか?

萩の月は「笹かまぼこ」や「牛タン」と並ぶ、仙台土産の定番となっているお菓子です。
仙台旅行に行った方のお土産でいただくことも多いですよね。

さてそんな萩の月ですが、いざ食べたい!となったとき、買える場所はそれほど多くないようです。

今回は大阪や京都、奈良など関西地方で買える場所はあるのかどうか、調べてみました!


ふるさと納税で萩の月を申し込む方法はこちら!
楽天市場を使ってポイントを大量にゲットするやり方を解説しています。
参考にしてみてください。

萩の月ってどんなお菓子?

仙台銘菓である萩の月は、仙台に本社を置く菓匠三全(かしょうさんぜん)が製造、販売しているお菓子です。

まろやかなカスタードクリームをふんわりとしたカステラで包んであります。
そのため食感は非常にやわらか!
全体的にやさしい風味で食べ進めることができ、それが人気の秘訣になっているようです。

萩の月が全国的に知られるきっかけになったのは、歌手のユーミンこと松任谷由美さんが関係しているそうです。
彼女がラジオ番組の中で、「萩の月を冷凍庫で凍らせて半解凍の状態で食べるのが好き」と絶賛したことで、全国的に知名度が広がったと言われています。

大阪・京都・奈良で萩の月を買える場所はある?

さて、そんな萩の月ですが、大阪・京都など関西地方で買える場所はあるのでしょうか?

残念ながら今のところ販売している店舗は宮城や岩手など東北地方に集中しており、大阪・京都・奈良など関西地方で購入できる店舗はないようです。

ただし過去何度か期間限定ではありますが、萩の月が販売されたことがあります。

2023年1月と5月には、大丸梅田店「お菓子なパレード」に菓匠三全が出店しており、萩の月が販売されました。また直近では2024年1月2日から9日にも同じく「お菓子なパレード」が開催され、萩の月が販売されました。
大丸梅田店には「ずんだ餅」や「ずんだシェイク」を楽しめる菓匠三全のずんだ茶寮が出店していることから、つながりが深いのかもしれません。

他に堺タカシマヤ、阪急梅田本店でも期間限定の催事で萩の月が販売されたことがあります。

また京都ではジェイアール京都伊勢丹で販売されたことがあります。

菓匠三全さんに聞いてみたところ、関西圏で常に萩の月を取り扱っている店舗はないようですが、百貨店の催事に商品を納品することがあるとのこと。
可能性は低いですが、お近くの百貨店に行かれたついでにチェックしてみるのもいいかもしれません。

ネットショッピングで購入が便利

萩の月を食べたいけど近くに店舗がない!
という方には、ネットショッピングがおすすめです。
アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングで「萩の月」の取り扱いがあります。

簡易包装のお得パックはアマゾン、ヤフーショッピングで買うことができます。

東京駅、品川駅でしか販売されていない限定商品「萩の調 煌」(はぎのしらべ こう)という商品もあります。

まとめ

残念ながら大阪・京都・奈良など関西地方では萩の月を購入できる場所はありませんでした。

食べたい方は、オンラインショッピングで購入できるので、お取り寄せしてみてはどうでしょうか。
ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました